おじいちゃん危機一髪? Mad Accelerator          

おじいちゃん危機一髪?

御老体にまつわる思い出話を記しておこうかな。敬老の日はとっくに過ぎているけど。

いずれは、私も老いさらばえる。果たして、いつまでピンピンしていられるか……


goroutai.jpg

これは子供時代の思い出話。それは、極めて限られた世界の中の記憶。

強烈なインパクトを以て、私の脳裏に刻み込んでくれた。
一生、忘れないだろうね。うむ。


当時、弟のように可愛がり、遊んでいた友人がいた。その年下の彼を便宜的に「末吉」と名付けておこうかな。

この日、私と末吉は近所を散策していた。いつも通りだ。
すると何と、歩き慣れた道の端で、翁が自転車の下敷きとなっていた。恐らく、バランスを崩して倒れてしまったのだろう。危ないから自転車はおよしなさいませ。

妙に覚えているぞ。自転車のかごには、しなびた大根が一本……


私はびっくりして翁の側へ駆け寄り、自転車を起こして介抱した。
これまた妙に覚えているのが、周りの大人がスルーしていくこと。

確かに、大勢の大人がいたわけじゃないが……
いたわけじゃないけどさ、何か声をかけてくれてもよかったんだぜ?

……はっきり言って、怖かった。何が怖いって、みんながスルーしていく所へ近づくのが怖かった。それでも私は翁を放置したくなかった。


幸いにも翁に大きな怪我はなく、自宅もすぐ近所だった。私と末吉で翁を送ることに。
とは言え、翁はきちんと歩くことができなかった。まさか、だから自転車を使った……?

それにしても、この翁……相当に足腰が弱っている。自転車は危ないってば。
もう、本当に「よぼよぼ」だった。とにかく大根が哀愁を誘って仕方がなかった。

私と末吉で、翁に肩を貸した。
翁は自分で体重を支えることができなかったのだろう。重かったことを覚えている。

翁は言った。「悪いなぁ……本当に悪いなぁ……」
おぼつかない足取りの翁……危ないから、本当に自転車はおよしなさい。


翁は「うどん、食っていけや。うちの婆さんが得意なんだ」と言った。
だが私は「いえいえ。結構で御座います」と断った。
私の真似をするように、末吉も続いた。「いえいえ結構です」

……どうでもいいのだが、よく言ってくれたぞ。末吉。
ここで「じゃあ、遠慮なく」などと言われたら、私の面目もへったくれもなかったわ。


翁 :「いいから。とにかく食っていけ。うちの婆さんのうどん、うめえから」
私 :「いえいえ。本当に結構ですから」
末吉:「本当に結構ですよ」

翁 :「本当にうめえから、食っていけ。うちの婆さん、目が見えないんだがよ……

私&末吉:「本当に結構ですから!!」



翁の自宅へ到着すると、件の嫗が出迎えてくれた。「本当にありがとうね」

「目が見えない」などと言うから身構えてしまったが、普通に現れた。どうやら全盲ではないらしい……まあ、そうか。じゃなきゃ、うどんは危険すぎる。
もしかしたら、「すこぶる視力が落ちた」と言う意味で翁は言ったのかも知れない。


翁とは、それっきりだ。姿を見ることは全くなく、会いに行くことも別段なかった。
随分と歳を取っていたように見えたので、今はもう亡くなってるかも知れない。

ちなみに、私や末吉が住んでいた当時の自宅は、都営の平屋の団地だった。既に取り壊され、今はマンションとなっている。
もう、ここへ足を運ぶ機会も用事もないのだが。


遠い過去の記憶は朧気だが……色褪せない思い出は枚挙にいとまがない。
あの頃は泣いてばかりだったな。まあ、私は今でも泣き虫だが。

凡庸を極めんとする私だが……それでも、誰かにとって「特別な存在」となれたことには胸を張ろうか。もう、泣くのはおよし。でも泣いちゃう。めそめそ……


涙によって、枯れた情熱は再び息吹く。これが、生きてる証なのか。分からんけど。

疲れたら、人は眠る。そして、記憶だけが息づく……永劫に。ね。






押してくれてる人……ありがとう御座いますね☆
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 独身オヤジへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他人に無関心な人が増えている

うう、お爺ちゃん… (´;ω;`)
きっとこのお爺さんも、KOHさんの事を優しい少年として、
いつまでも覚えていたかも知れませんよ。

それにしてもこういう状況を見ても誰一人として助けようと
しないってのはちょっと怖い事だよね。

Re: 他人に無関心な人が増えている

毎度どうも!

いやいや……これを書きながら自分の未来を想像し、震えてしまいました。
私が倒れたとき、誰か助けてくれるのだろうか……なんて。


> それにしてもこういう状況を見ても誰一人として助けようと
> しないってのはちょっと怖い事だよね。


まあ、特殊な事例と思いたいが……割と「他人に無関心」な人が多いのは事実。確かに。

「袖振り合うも多生の縁」ではないでしょうかね。うむ。

( ̄^ ̄)ゞ☆

うどん。

いっぱいのかけそば、じゃないけど、「食べなかったうどん」ですね。食べてみれば、よかったような、気もしますが。そのとき、おばあさんは、部屋にいたんでしょうか?いずれにしても、思い出の一コマですね。爺さんの「うどん食っていけ」が、ほんとに、リアリティあって、記憶に残るおもしろい話ですね。実話の面白さは、たまりませんね。

Re: うどん。

どうもどうも!

おばあちゃんは普通に現れましたね。元気そうでしたw 
ただ、かなり厳しい生活を送っていたのでは……まあ、都営住宅ですが。

うーん……食べておけばよかったかしら。おばあちゃんのうどん。

( ̄▽ ̄)ゞ☆
ここへ来ちゃった人の数
プロフィール

紅@KOH

Author:紅@KOH
1973/09/11に生まれる…
すっかりおっさん。ぐったり。

現在ブログを色々いじってます…


自己紹介的な日記はこちら

新ブログ告知
新ブログで活動中☆
ブロとも一覧

SERUNAさんちのあじふらい
最近の記事とか
最新コメント
トラックバックですって
色々とリンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1920位
アクセスランキングを見る>>
メールで伝えたい時はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR